脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭や剛毛に効果ある?


脱毛ラボホームエディションはメンズの髭に使える?

男も脱毛器で自宅にいながらこっそりと髭や体毛の処理をしたいですよね。

女性向け商品が多い中で、メンズも使いやすい脱毛器は?
それは、ブラックの脱毛ラボホームエディションです。

脱毛ラボホームエディションは男性に合ったブラックカラーで扱いやすいサイズ感なんです。
そしてサロン級のパワーで男性の濃いヒゲにも使えて肌にも優しいメンズに一番おすすめな脱毛器。

全身脱毛も100回以上出来てコスパがかなり良いですしね。

メンズにもおすすめな脱毛ラボホームエディションについてご紹介していきます。

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

 

脱毛ラボホームエディションがメンズにおすすめな理由

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

たくさんある家庭用脱毛器の中で、脱毛ラボホームエディションが特にメンズにおすすめ。
その理由についてお話ししていきますね。

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

 

色がブラックなので男性も使いやすい

 

脱毛ラボホームエディションにはメンズも使いやすいブラックカラーがあります。

発売当初の脱毛ラボホームエディションはピンク色しかなかったのですが、その後にメンズも使いやすいブラックカラーが登場しました。

見た目はつやありブラックでカッコいい。

脱毛ラボホームエディションのブラックカラー

画像引用:脱毛ラボホームエディション公式サイト

 

本体はつやありのブラックに「Datsumo Labo Home Edition」という文字が刻印されています。

本体に専用アダプターを繋げて使用するのですが、そのアダブターの色も黒。男性が持つのにピンク色は抵抗ありますが黒色なら使いやすいですよね。

ブラックもピンクも出力などスペックは同じです。

 

メンズの濃いムダ毛もOK

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

脱毛ラボホームエディションは、サロン級のパワーでメンズの濃いムダ毛もOK。

5段階のパワーで女性よりも濃い体毛のメンズのヒゲやVIOまで全身に使えます。

女性の薄い毛には効果があっても体毛が濃い男性のムダ毛まで減らせるのか?気になるところですよね。

脱毛ラボホームエディションはサロンと同等の業務用のパワーなので男性の濃いムダ毛にも使うことができます。

公式ページにはこう記載されていました。

脱毛ラボホームエディションはメンズに使える?

“1平方cmあたりのジュール数が2.9Jで業務用と同じパワー!業務用のものは1平方cmあたり3Jなのでほぼ同等。
ただし最大ジュール数でみた場合、業務用は3J×4.8cm×1.7cm=24.4Jであり、家庭用は最大2.9J×3㎝×1㎝=約10Jなので最大出力数は約40%程度になります。”

なんだか書いていることが難しく感じますね。

 

何を言っているか簡単に説明すると、
サロンより家庭用の方が最大出力数は低い。だけど、照射する面も家庭用の方が小さくてライトが集中する分、1平方㎝あたりのパワーで見るとほぼ変わらない。

要は、照射する面のパワーは家庭用も業務用もほぼ同じだよ!ということ。

 

業務用脱毛機より照射面が小さいのでサロンよりも時間がかかるかもしれません。それでもパワーが同じという情報はムダ毛が濃い男性でも安心して試せる要素ですね。

エステサロンでもよく使われる「キセノンライト」を採用した家庭用脱毛器であること。

脱毛ラボホームエディションはエステサロンでもよく使えわれる「キセノンライト」と採用した家庭用脱毛器です。

サロン脱毛で使用しているものと同じでパワーも同等なら、痛みや肌負担などが心配になってくる方もいると思います。その点も脱毛ラボホームエディションなら大丈夫。

5段階のパワーを調整できて最大出力も肌への優しさに配慮した設定。また冷却クーリング機能などもデフォルトで搭載されているんです。

 

冷却装置がついていて痛みを感じにくい

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

脱毛ラボホームエディションには冷却クーリング機能が付いています。その冷却クーリング機能で肌に触れる照射面の周りが冷却され肌を冷やしてくれるんです。

脱毛でのトラブルは肌に熱を持つことで起こりやすくなります。なので、十分にお肌を冷やしながら脱毛することで肌負担減らしながら脱毛することができます。

 

・男性の黒いムダ毛でも痛みが少ない

冷却クーリングするのは肌負担を減らすためという理由もありますが、他には、肌を十分に冷却することで施術時の痛みも軽減することができます。

痛みは薄い産毛よりも濃くて黒いムダ毛の方が強い傾向にあります。男性の体毛は女性よりもだんぜん黒々しているから痛いんです。

痛かったら脱毛ケアするのが嫌になっちゃいます。
脱毛ラボホームエディションは、黒々した男性の体毛でも冷却クーリング機能で痛みを軽減しながら使える。だから気楽に脱毛ケアをすることができます。

 

・ジェル不要で面倒くさくなく初心者でも使いやすい

また、冷却クーリング機能があることで使用時にお肌にジェルを塗らなくてもいいんです。ジェル不要だから、脱毛器の電源を入れてボタンを押すだけで処理を開始できます。めっちゃ簡単ですね。

ジェルを使う家庭用脱毛器だと「ジェルを塗って、照射して、ジェルを拭いて…」と工程が多いですし慣れていないとジェルでそこらじゅうベタベタになってしまいます。

脱毛ラボホームエディションならジェル不要で初心者の男性でも使いやすく面倒くささもなく脱毛することができますよ。

 

そして、毛深い男性も、体の大きい男性も
満足いくまで全身ガッツリ使える30万発

 

・全身脱毛300回分の30万発照射ができる

脱毛ラボホームエディションはカートリッジを交換しなくても30万発照射ができる商品。30万発照射で全身脱毛300回分と公式サイトに記載されています。

30万発÷全身300回=1000発
全身脱毛1回で1000発という計算。

女性をモデルとした場合で全身脱毛300回分だとしたら男性はもっと少なくなります。体の表面積は男性の方が大きいから。仮に倍の全身1回で2000発必要だとしたら、男性は全身脱毛150回分使えることになります。

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

メンズは全身脱毛できる回数が少なくなるとはいえ、全身150回もできるなら十分すぎですよね。

カートリッジ残数を気にせず、満足いくまで使えるのが脱毛ラボホームエディション。

全身脱毛300回できるというのは女性の体で1回1000発の計算。
男性は体が大きいから1回2000発と考えると、メンズ全身脱毛は約150回できる。

 

・男性はツルツルを目指すわけではない

脱毛してスッキリしたいといっても男性の場合ゴールがツルツルというわけでもないですよね。
胸や腹毛はしっかり無くしたいけど、スネ毛や脇毛などは薄くほどよく生やしたいという方も多いのではないでしょうか。

ライト脱毛は照射を繰り返していくことでだんだん毛が細く目立たなくなります。なのでツルツルを目指したいなら回数は多くなりますし、今よりも薄くするけど程よく残したいスネ毛や脇毛などは少ない回数でも満足できると思います。

公式サイトでは「体毛がスッキリする目安の回数は18回前後」と書かれています。

男性の毛深い体毛をスッキリさせるのには目安の18回よりも多くかかるかもしれませんが、薄くしたいけど程よく残したい部位は目安の18回よりも少なくてもいいと感じます。

どちらにしても脱毛ラボホームエディションは全身150回分も余力があるので照射回数がなくなってしまう心配はいりません。
逆に最後まで使いきれないという心配の方が出てきそう。

 

・家族や彼女とシェアできる


脱毛ラボホームエディションは一台購入すれば30万発も使えるので、家族や彼女とシェアするのも有りです。2人で使っても満足いくまで使える照射数です。

兄弟や彼女も脱毛したいという希望があれば、割り勘すると購入費用は2分の1。
脱毛ラボホームエディションの価格は71,480円だから二人で割ると35,740円。

こう考えると、購入のハードルがぐっと下がりますね。
または、彼女にプレゼントして一緒に使わせてもらうという作戦も有りかも。

 

 

脱毛ラボホームエディションで髭脱毛の効果は?

 

メンズ脱毛で一番人気がヒゲ脱毛。そして、一番濃い体毛もヒゲですよね。
家庭用脱毛器でも男性の濃いヒゲを脱毛することができるのでしょうか?

 

髭に効果ある?検証VTR

 

・メンズの青ヒゲが家庭用脱毛器では難しい?

男性のヒゲは根太くて濃いため一般的な家庭用脱毛器のパワーではなかなか効果を出すのはきびしいと言われています。
私自身も過去に様々な脱毛器を試してきても実際そう感じています。

ただ、家庭用脱毛器の中でも脱毛ラボホームエディションのパワーは男性のヒゲにも期待がもてそうです。
YouTubeの脱毛ラボチャンネルでヒゲ脱毛検証VTRがありました。


ヒゲ脱毛検証VTRを見て思ったこと
・VTRでは3ヶ月半の間に33回のヒゲ脱毛をして検証していました
・開始時は口周りに濃いヒゲ、頬とモミアゲはまばらにヒゲが生えている状態
・検証終了時には頬とモミアゲがスッキリいしていて、口周りも薄くなっていました

クリニックでのヒゲ脱毛は10回くらいが目安なのに対して、脱毛ラボホームエディションの検証回数は33回。
多いとはいえ繰り返し使用していくと徐々に減っていっている印象です。

濃いヒゲが密集している口周りのヒゲはなかなかしぶとそう。
脱毛ラボチャンネルの検証モデルの男性くらいのヒゲの濃さであれば脱毛ラボホームエディションを試してみる価値がありそうです。

 

正直濃いヒゲは難しい場合もある、だけど…

 

正直、濃いヒゲは家庭用脱毛器では難しい場合もあります。だけどクリニック脱毛にはないメリットも。

・ヒゲ脱毛の効果を最優先するなら家庭用脱毛器よりクリニック

脱毛ラボチャンネルの検証モデルの男性のヒゲよりも剛毛の方、またはヒゲ脱毛の効果を最優先したい方はクリニックを選ぶのが賢い選択肢です。

効果面だけを最優先するのであれば「ゴリラクリニックのヒゲ脱毛」がベストです。
ゴリラクリニックのヒゲ脱毛の料金は、ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)6回コースで74,800円
頬・もみあげ追加で+64,800円、首を追加で+49,800円。

 

・脱毛器にはクリニックにはないメリットがある

ただ、クリニックで気になるのはやはり料金面ですよね。
口周りだと74,800円だけど、頬もみあげの64,800円も含めるとヒゲ脱毛は139,600円に。さらに首の49,800円も追加するとヒゲ脱毛は189,400円になります。
比較して、脱毛ラボホームエディションだったら71,480円で済みます。

まずは脱毛ラボホームエディションで出来る限りヒゲを減らしてみて、どうしても口周りヒゲが難しかった場合にクリニックでヒゲ脱毛をしてみるのも一つの手段です。

ヒゲ以外の全身やVIOにも使えるし家族ともシェアできるので脱毛ラボホームエディションは十分活躍してくれると思いますよ。

 

脱毛ラボホームエディションを使うメリット

 

脱毛ラボホームエディションはクリニックでの脱毛と比較すると、かなり安くでムダ毛をケアすることができます。

料金面だけでなくその他にも家庭用脱毛器、脱毛ラボホームエディションを使うメリットがあります。

脱毛ラボホームエディションはメンズも使える?髭にも

 

何度も繰り返し処理ができる

 

脱毛ラボホームエディションのメリットは何度も繰り返し脱毛ができるという点。

クリニックであれば脱毛の間隔は2ヶ月に1回ペースだったり、早くても1ヶ月に1回というスパンで施術をしていきます。2ヶ月に1回だったら6回脱毛するのに1年かかります。

家庭用脱毛器で1週間おきにケアをしたら、6回脱毛するのに1ヶ月半でOK。
半年あれば24回も脱毛できる。

メンズのムダ毛は処理したあとの再生力が強いので、脱毛スパンを短縮したいし回数も必要です。脱毛ラボホームエディションなら何度も繰り返しケアできるので重宝します。

 

・早く減らしたいなら処理の期間を短縮してつめて脱毛できる

モジャモジャした体毛はが悩みでコンプレックスなら一刻も早くキレイにしたいですよね。期間を短縮したくてもクリニック脱毛だと決められた周期でしか予約を入れてもらえません。

脱毛ラボホームエディションなら期間を短縮して3日に1回のペースでケアすることも可能です。

 

自宅で好きなタイミングでOK

 

・自宅で好きなタイミングで処理できる

自宅にいながら自分の好きなタイミングでケアできるのも脱毛ラボホームエディションのメリットです。
クリニック脱毛だったら施術のタイミングは予約している日の予約している時間ですよね。

 

・仕事が忙しい人でも大丈夫

お仕事が忙しかったり家庭の事情などで予約日に行けなくなったら予約を取りなおし。次の脱毛予約が後ろだおしになったりすることも。

家庭用脱毛器なら脱毛しようとしていた日に仕事疲れでやらなかったとしても、翌日にしたり、元気があるタイミングにケアできます。

 

誰にも知られずこっそり脱毛できる

 

・誰にも知られずこっそり脱毛できる

ムダ毛の悩み、周囲にあまり話していない方も多いのではないでしょうか。
コンプレックスは誰にでも話せるものじゃないですよね。理解や共感してもらえない場合もあるし。そんな方も脱毛ラボホームエディションなら誰にも知られず自宅の自分の部屋でこっそり脱毛することができます。

 

・サロンでVIOの脱毛は恥ずかしいという方も処理できる

脱毛クリニックのカウンセラーさんにだったらムダ毛の悩みは相談しやすいと思います。それでも、VIOなどデリケートゾーンの毛について話すのは恥ずかしいですよね。

当たり前のことですが、クリニックで施術する時は担当スタッフにデリケートゾーンを見せることになります。
脱毛ラボホームエディションならデリケートゾーンの毛も自分でケアすることが可能ですよ。

 

・家庭用でVIOラインが処理できる脱毛器って限られている

VIOなどはデリケートな部位なので皮膚が薄かったり刺激に弱かったりします。だからVIOに安心して使える家庭用脱毛器って限られているんです。

特に脱毛器の冷却機能が重要。脱毛ラボホームエディションには冷却機能がしっかりついているからVIOラインの脱毛にも使うことができるんです。

好きなタイミングで、誰にも知られず、全身まるっと脱毛できるのが脱毛ラボホームエディション。
メンズが使いやすいブラックカラーもあるので是非チェックしてみてください。

▶︎ 脱毛ラボホームエディション公式ページはこちら